艶つや習慣の効果と口コミはココ!イボ・ポツポツ対策・改善

20160121追加

 

イボ・ポツポツの原因はコレだった!

加齢とともにできる、イボやポツポツは避けては通れないものかもしれません。しかし、できてしまったらなんとかして綺麗にしたいものです。
そもそもこのようなイボやポツポツはなにが原因なのでしょうか。加齢だけで済ませるにはもっと深く原因を探ってみたいところです。
見た目にわからないところにできるのも気持ちの悪いものですが、目元や首元、さらには胸元などにできると他人の目も気になってしまいます。このポツポツは老人性イボあるいはスキンタッグと呼ばれています。
端的に言うと角質が小さく固まってしまったものなのですが、これには表皮のターンオーバーが深く関係しているのです。
基底層で細胞ができて徐々に角質層に移動して最終的には角質がはがれます。これがターンオーバーなのですが、加齢とともにこのターンオーバーがうまくいかなくなり角質がはがれずにそこにとどまって固くなることでポツポツができてしまうのです。さらにそこに紫外線が作用することで黒ずんだものになってしまうというわけなのです。
こうなるとまさに悪循環ということになります。

ターンオーバーってなに?

ターンオーバーは皮膚細胞の生まれ変わりを意味しています。この周期が乱れることで様々な悩みが発生してしまうのです。
表皮は「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」の4層構造になっていて、角質が一番外側にあります。これが私たちの目に見える皮膚なのです。
基底層で新しく生まれた細胞は徐々に形を変えながら肌の表面に押し上げられていきます。最終的にこれが角質細胞となりやがて老廃物となって自然にはがれていくのです。
こうすることで肌は絶え間なく新しいものとなっていきます。夏の熱いうちに日焼けしても夏が終わるといつのまにか元の白い肌になっているのはまさにこのターンオーバーのおかげということなのです
このターンオーバーの周期は約28日とされています。それが加齢とともにこのターンオーバーが遅くなっていくのです。それがポツポツや老人性イボの原因となっているというわけです。

 

20160121追加

 

艶つや習慣ってなんでイボ・ポツポツにいいの?

加齢とともにできる目元や首元、さらには胸元のポツポツの原因はターンオーバーで古くなった角質が変化したものです。
このまま放置してしまっては綺麗になることは期待できないかもしれません。そのためにも艶つや習慣で、角質をケアする必要があるのです。
この艶つや習慣はジェル状になっていて、ポツポツに塗ることによって、古くて固くなった角質を柔らかくするように作用します。そして柔らかくなった角質はやがてポロリと落とすことができるのです。

 

艶つや習慣の有効成分ってなに?

艶つや習慣は、
あんずエキス
ハトムギエキスの成分が主な成分です。
この2つがお肌の角質をケアしてくれる重要な成分だったのです。
鏡を見るたびに気になっていたポツポツ、いつのまにか鏡を見ることも嫌になってしまうかもしれませんが、艶つや習慣を使うことによって嫌なポツポツがポロリとなってしまうかもしれません。
あんずエキスとハトムギエキスの成分はなにがいいのか詳しくさらに解説します。

 

あんずエキスとハトムギエキスのなにがいいの?

あんずエキスについて

あんずの種の中には「仁」という成分が含まれています。この「仁」を絞って杏エキスという植物性オイルを作るのですが、このエキスの中にはターンオーバーを助ける脂肪酸である「パルミトレイン酸」が含まれているのです。
これは人の体内にある成分でもあるのですが、加齢とともに減少していきますから、この「パルミトレイン酸」を補って正しく角質ケアをする必要があるのです。
このことからもわかるようにターンオーバーにはあんずエキスが欠かせないということです。
あんずエキスには肌を整える効果があり、さらには固くなった角質を柔らかくしてくれるというわけです。

ハトムギエキスについて

漢方薬としても知られているハトムギですが、これは昔から美肌効果があるとされています。
加齢によって固くなる角質ですが、加齢だけではなく疲労や紫外線を浴びることでも角質が硬くなることがわかっています。
加齢が肌の曲がり角の原因というよりも新陳代謝の低下が巻き起こすものです。
そこでハトムギエキスに含まれる保湿効果のあるアミノ酸で肌の潤いを保つようにします。
さらに肌の潤いを保つことでなめらかな肌を作ることができます。
さらにハトムギエキスには肌の炎症を抑える効果、すなわちターンオーバーを助ける効果もあるのです。

 

その他の保湿成分など

プラセンタエキスについて

胎盤から取れるプラセンタエキスはまさに栄養の宝庫といえます。
プラセンタエキスにはアミノ酸とミネラルが豊富に含まれていて、それが肌のターンオーバーをサポートしてくれるのです。
アミノ酸はよく知られているように体の細胞を作る原料となります。ターンオーバーには細胞の活性化が欠かせませんからそういう意味ではアミノ酸はまさに必須の成分と言えるのです。また、ミネラルは体を構成する必須栄養素としてよく知られています。

アロエベラについて

アロエベラはアロエに代表される多肉植物の一種です。古くから炎症や切り傷などに効果があるとされてきました。
そんなアロエベラは、体の中から、さらには外からも肌に直接作用する様々な有効成分が含まれているのです。
特徴として名高いのが保湿効果が高いということです。高い保湿効果で肌の潤いをしっかりと保ちます。

ヒアルロン酸ってなにがいいの?

高い保水効果があることで知られているのがヒアルロン酸です。たった1gで6リットルの水分を保つという優れた保水力を持っているのです。
体内に存在するヒアルロン酸ですが、これもまた加齢とともに減少していくのです。
体内で不足しがちなヒアルロン酸を体外から効率よく補給しなくてはいけません。

 

艶つや習慣の効果的な使い方

艶つや習慣でマッサージ

マッサージといっても一日一回3分から5分程度のマッサージとなります。
すり込むように丁寧に行うのがコツです。マッサージの狙いは固くなったポツポツを柔らかくすることになります。
力は必要ありませんので優しく丁寧に行います。

 

 

本来取れなくてはいけない角質が皮膚の表面にとどまっている状態ですから、マッサージでもみほぐすことによって取れやすくするのです。

 

日々の継続が必要です

マッサージを始めたからといってすぐに結果が出るわけではありません。むしろ時間がかかるので長い目で見たほうがいいでしょう。それでも確実に成果として現れますから根気強く続けていくことが大切です。
マッサージを続けていくとポツポツが膨らんでくる感覚がわかると思います。そうなってくると成果が現れているということになります。さらに立ち上がってきて固くなるような感じになるとゴールは近いです。
直前になるとさらに黒っぽくなり、枯れたように固くなります。やがて根元からポロリと取れてしまいます。ここできをつけたいのは無理矢理取り除かないことです。あくまでも自然に取れるまで待ちましょう。

艶つや習慣のメリットは?

艶つや習慣はジェル状タイプです。この中には化粧水、美容液、保湿液、さらには乳液まで入っているまさにオールインワンタイプとなっています。
これ一つで日々のお肌のケアを任せても大丈夫という一品なのです。
ジェル状タイプですから、気になる部分に塗って丁寧にマッサージする必要があります。
丁寧にしても時間にして3分から5分程度で十分です。
日々マッサージを繰り返すことでポツポツ部分が膨らんでくるなど変化していくことがわかると思います。
それがさらに黒く固くなってきて、やがて根元からポロリと落ちます。
痕が残らずつるんつるんとなった肌を見たら大きな達成感あるいは開放感を感じることができるでしょう。

艶つや習慣と楽天との比較!

艶つや習慣はネット通販で購入することができます。そうなるとやはり楽天市場での価格をチェックしたくなるのですが、楽天での取り扱いはないようです。ということで公式サイトでの購入となります。
公式サイトでの通常価格は4104円(これは一ヶ月分です)となっていて初回限定の場合は10%オフの3693円となります。仮に楽天で売られていて通常価格でポイントが付いたとしても公式サイトのほうが安い計算になりますね。

艶つや習慣とアマゾンとの比較

ネット通販というと楽天市場以外にも大手となるのがアマゾンです。しかしここも楽天同様に艶つや習慣の取り扱いがありません。そこで公式サイトでの購入ということになるのですが、初回限定の場合は10%オフの3693円となるのですが、艶つや習慣は継続利用してこそその効果をいかんなく発揮できます。それを考えると定期購入をしたくなりますし、そちらのほうが安く購入できます。初回特典として通常価格の半額、2回目以降も20%オフの3283円で購入できるのです。

 

老人性イボとは?

老人と名前が付いていることから加齢によるお年寄りにできるもの、というイメージですが年齢に関係なくできる良性の腫瘍です。原因として紫外線による皮膚の老化とされているので、日焼けなども近年では特に気をつけたほうがいいとされているのです。この老人性イボができる場所は主に顔、首、胸元といった日光にさらされるところはもちろんとして、脇や背中、胸などにもできます。人からも見える部分にできることが多いのが悩みの種と言えるでしょう。

 

スキンタッグとは?

耳慣れない言葉のスキンタッグですが、簡単に言うとイボということです。
目元、首、胸元、首筋などにできて、加齢によってその数が増えたり、大きく変化することがあります。老人性イボとも言われることがあり、加齢によるものという見方が多いのですが、実際には30歳代からできることもあり、さらには若年齢化の傾向も見られるので若いからといって安心できるものでもありません。一般的には大きい小さいで、小さいイボをスキンタッグと呼んで区別する場合もあります。

 

艶つや習慣の全成分表
水、BG、グリセリン、アンズ種子エキス、パーシック油、バチルス発酵物、ハトムギ種子エキス、マルピギアグラブラ果実エキス、オリゴペプチド−24、プラセンタエキス、アスタキサンチン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、クチナシエキス、ヒアルロン酸Na、アラントイン、トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリエチルヘキサノイン、オクチルドデセス−20、マルトデキストリン、ペンチレングリコール、クエン酸、カルボマー、水酸化Na、PG、エタノール、フェノキシエタノール

20160121追加